PROFILE

すがえつのり(パーカッショ二スト)

ラテン・フラメンコ・ミュージカル・Pops等 幅広い分野において活動している打楽器奏者です。


すがえつのり: 菅 悦規
兵庫県生まれ。大阪府→東京都育ち。
2月4日生まれ
青山学院大学卒業

サルサ、メレンゲなどのラテンをはじめとして、
フラメンコ、アフリカン・ミュージック、エスニック音楽、ミュージカル、ポップス、ファンク、クラッシック、ジャズ等のマルチ・パーカッショニストとして幅広く活動中。

プロ活動開始以来数々のラテン系バンドに在籍し、
1994年1995年および1996年にアメリカ・ツアーを行う。
ニューヨーク、ワシントン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ラスベガス等で公演し、好評を博す。

1995年、メレンゲの本場、ドミニカ共和国に音楽修業に行き、
”グィラ”、”タンボーラ”というメレンゲ特有の楽器を習得。
特に”グィラ”に関しては日本でも数少ないスペシャリストとなる。

2001年の秋フラメンコに出会い、
その後徐々にフラメンコのパーカッショニストとしても演奏活動を始め
多くのアーティストと共演を重ねる。

スペイン人アーティストでは、
踊り手ではラファエル・デ・カルメン、アントニオ・カナーレス、クリージョ・デ・ボルムホス、
ファン・オガジャ、ルイス・オルテガ、ビクトル・ブラボ、マリベル・ガジャルドetc
唄い手ではクーロ・フェルナンデス、ダビ・ラゴス、ナタリア・マリン、アントニオ・サンルーカル、イスマエル・フェルナンデスetc 
ギタリストではアルフレッド・ラゴス、ビセンテ・コルテス、ファン・カルロス・ベルランガetc・・・
数多くのアーティストを共演する機会を得る。 

現在ではラテンやスパニッシュ音楽をバックボーンに置きながらも、
劇団四季ミュージカル「ライオン・キング」での18年以上にわたる演奏や
老舗ラテン・ビッグバンド「有馬徹ノーチェ・クバーナ」、
タレントのサポート、またTV番組収録やレコーディング、
リサイタルやディナーショーやライブ演奏等、
幅広く精力的に演奏活動を行っている。

Mail Adress  →  sugaetsunori@icloud.com

sugaetsunori@icloud.com